☆作者紹介 東山 魁夷☆

1908年 神奈川県生まれ、本名は新吉
1931年 東京美術学校を卒業して研究科に進む
1933年~1935年 ドイツに留学 
1947年 第3回日展で《残照》が特選に選ばれ、政府買い上げ
1950年 日展審査員
1956年 第11回日展出品作で日本芸術院賞受賞
1965年 日本芸術院会員、日展理事となる
1969年 文化勲章を受章
1973年 唐招提寺御影堂障壁画の制作を開始
1974年 日展理事長
1981年 唐招提寺御影堂障壁画完成
1987年 所蔵作を長野県に寄贈
1990年 長野県信濃美術館・東山魁夷館が開館
1999年 老衰で死去 従三位、勲一等瑞宝章が贈られた

静寂に包まれた銀世界の風景を描いた圧巻の作品です。

残念ながら作品に汚れがありましたので、少し査定を減額させていただきましたが、こちらの作品は25000円で買取させていただきました。

只今、絵画買取強化中ですので、是非一度サンセリテアートにご連絡ください。

 

広島での骨董美術品買取ならサンセリテアートにお任せください。
コンフィアンス株式会社

Scroll Up