☆作者紹介 藤原 雄☆

1932 岡山県備前市にて藤原 啓の長男として生まれる。
1955 父啓のもとで備前焼の製陶技法を学ぶ。
1958 第5回日本伝統工芸展に初入選。
1961 日本工芸会正会員となる。
1963 バルセロナ国際陶芸展にてグランプリ受賞。
1967 日本陶磁協会賞受賞。
1975 岡山県文化奨励賞受賞。
1980 岡山県重要無形文化財認定。
1984 山陽新聞社文化賞受賞。
1985 岡山県文化賞受賞。紺綬褒章受章。
1988 日本工芸会理事就任。
1990 平成元年度芸術選奨文部大臣賞受賞。
1996 重要無形文化財保持者認定。日本工芸会参与就任。
1997 明治大学特別功労賞受賞。備前陶友会名誉会長就任。
2001  死去。

備前焼の人間国宝藤原雄が唐津に訪れた際に製作した唐津茶碗です。
珍しいお品には希少価値が付きます。様々な販売ルートを確保しておりますので、希少な作品にも、それに伴った金額で買い取ることが可能です。
是非お宅に眠る茶道具等あれば、弊社にお声をおかけください。

広島での骨董美術品買取ならサンセリテアートにお任せください。
コンフィアンス株式会社

Scroll Up